またしばらくはこんなペース

スター・トレック叛乱 スペシャル・コレクターズ・エディション スター・トレック 叛乱 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 いよいよラス前。でもネメシスってもともとちょっと豪華仕様だったからコレクターズ版は出ないかも?どうなんでしょう。
 公開当時はわりと好きな作品だったのですが、今見るとなにがどう面白かったのかあまり思い出せません。このイベント性のなさが良かったのかなあ。単品で独立している(テレビシリーズとも関わっていない)あたりはST5を意識してますかね。思えばこの時期からST全体の凋落が始まっていたのかもしれません…。(この作品だけ監督のコメンタリーがないあたりからも扱いの小ささがにじみ出ていますね。)
 特典としてカットシーンがいくつか収録されていますが、図書館のシーンのディアナとウィルのはしゃぎっぷりっていうかこのシーン自体のふざけっぷりがすごかったです。全体にギャグシーンがもっと多かったようですね。それにしても、ST世界でここまでの眼鏡キャラは初めてみましたね。ちゃんと世界観に則っていたんでしょうか。
 なんつーか、そんなに昔じゃないはずなのに妙に懐かしい映画でした。

苺ましまろ(4)

 前回と違い、漠然と面白かったです。原作にない会話が面白いかどうか、というのがこの作品の重要な評価点だと思うのですが、1話から3話に関しても見直すと評価が変わったりもして(面白くなったり面白くなくなったり)、かなり見るテンションに左右される作品なのかもしれません。そのあたり、なんとなくGAの第4期を思い出したりしました。
 あと、エピソード単位ではなく、シーンごとに評価するべき作品なのかも、とかも思ったり。あのギャグはよかったなー、とか。そんなところもちょっとGAっぽいかも。
 文面からは伝わりづらいかもしれませんが、まだまだ期待しているのです。

ぱにぽにだっしゅ!(8)

 宇宙船のシーンがなんだかウテナの生徒会のシーンっぽかったです。

第3次スーパーロボット大戦α

 34話目あたり。
 コミケも終わってなんの憂いもないはずなのですが、ちょっぴりペースが落ちてます。(先週末は金土日といろいろありましたしね。)
 1周クリアは来月前半くらいかなー。

サンライズ主題歌アーカイブ

 Amazonで予約していたのですが、なんだか発売中止になったとかいうメールが来ました…。楽しみにしてたのになー。
 どんな先になってもいいから、どこかで必ず出して欲しいものです。
 (先日書いたように、ダイオージャのサントラ化が決まれば解決するんですけど…。)