スパロボなど。

スーパーロボット大戦GC スーパーロボット大戦GC

 買いましたとも。
 新ハードを買うのは実に5年近くぶりです(携帯機除く)。
 バンプレストロゴのアタック曲なし、オープニングムービーなし、オープニングソングなし、戦闘デモなし、ゲーム中のデモムービーなし、一言モードなしと、なんだかないないづくしでヒヤヒヤします。
 ポリゴンのかんじは悪くないですが、サイズごとの考証をこれだけやってるならば、ますますもってSDである必然性が薄いかんじですね。あと、ライジンオーの必殺技の曲、やっぱり間違ったままでした。がっかりです。
 一応、16話ほど進めましたが、うーん、あんまりシナリオがよろしくないですなあ。とくに、文章がかなりまずいです(図鑑モードに顕著ですが)。
 登場作品のチョイスや、やろうとしていることの目の付け所は悪くないと思うので、今後の展開に期待したいところです。(16話現在、まだまだ序盤といった雰囲気なので。)
 サブシナリオは、「日常感」の描写には一役かってると思いました。面倒くさいですけどね。

機動戦士ガンダム ガンダムVS.Zガンダム 機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム

 で、もう1本、こちらも購入いたしました。PS2版と迷ったのですが、やはりソフト1本では寂しかろうということでGC版です。
 こちらは、いろんな意味で安心感にあふれてますね。基本的にはアーケードのエゥーゴVSティターンズDXの移植ではありますが、いろいろとやることがいっぱいあってしばらくは困らないかんじ。ガンダムの曲も生音になっているのも好感触です。
 あと、スパロボで、第4次の時代からずっとZガンダムのBGMを「敵機襲来」って表示していて、本当はこの曲は「交戦」という曲なのですが、なんと今回のスパロボGCでまた似たようなミスをやっておりまして(誤「ハマーン追跡」→正「激突!」)、このいずれもが、こちらのソフトのサウンドテストでは正しい曲名になっていたのに感激した次第です。

苺ましまろ

 アニメ化ですって。
 直感的にやだなあ、と思ってしまったのですが、監督がNieA_7の人と聞いて、…やっぱりやだなあ。
 アニメの出来云々ではなくて、アニメ化によって露出が増えることで今まで叩いてなかった層もこの作品を叩くようになるような気がしてさー(被害妄想)。見守りましょう…。