こんばんは。

f:id:windnile:20170516222436j:plain:h450:right

もう3月なんですねー。
大学生はなーんにもやることがない時期なんでしょうねえ。まったくうらやましいったら。
ああ、あの頃が懐かしいなあ…。

ずいぶん前に日記で触れた「塩カルビ」が、先々週よりファミリー劇場でも始まりました。
本放映時には結局、半分以上見逃してしまいましたので今回の放送はがっちり録画して楽しみたいと思います。
(このような、センスのいい作品がほとんどの視聴者の目に触れないっていうのは、なんだか非常にもったいない話。)

前回、Papa told meのドラマ化を憂いましたが、今回は「動物のお医者さん」について。
…ていうか、意外とこれは楽しみだったりしなくもないです。
というのも、キャスティングの顔ぶれが、案外ハマってなくもないかんじなので。(ハムテルだけはかなり別人格になってるかんじだけど。)
個人的に、漆原教授の江守徹はちょっとツボでした。
あと、二階堂にちゃっかり要潤がキャスティングされているのは、さすがテレビ朝日ってかんじです。
パパトーのように、どうせ再現できっこないだろっていう絶望感がないぶんだけ、ちょっとは気が楽かなとか思ったり。
(もちろん、始まったらどうせつまんないだろうとは思うけどね。)

マガジンZ仮面ライダーZX。
おいおいハリネズミちゃうやろ!ってみんな突っ込んでると思います。
ミスとすれば村枝先生らしからぬイージーミスですよねー。
ミスでないとしたらなんだか腑に落ちない変更だなあ。
どっちにしろ、なんかヘンなかんじ。
お話はすごい盛り上がってていいかんじなのに。

ジャンプ、ウルトラレッド。
なんかストーリーがライパクと同じになってきた…。
やはり、ライパクではちょっとやり残した感があったんでしょうかね。
複数作品にわたって、同一のテーマが語られてくると、ぐっと作家の個性が際立ってきていいかんじです。
どうやら打ち切りの恐怖も振り切れたようだし、今後の展開にも(大会後にも)期待してもいい頃かもしれません。
今日はコミックの1巻も出るし、非常に楽しみです。
(あと、アイシールドの2巻もめっちゃ楽しみ。)

声優の井上瑤さんが、先月末にお亡くなりになっていたそうです。
あまりレギュラー出演数は多くない方ですが、その存在感と喪失感は決して小さくないです。
個人的にはやはりガンダムに尽きますが、調べてみると奇面組天野邪子さんなんかを演ってらして、
そういえばそうだったなあなどとしみじみ思い出したりしました。
90年代以降、古い作品が再び取り上げられる機会も多くなり、その際には当時の声優さんをいかに再現するかも重要になりました。
今後も、このような事態は増えるかもしれません。
セイラさん、レイカさん、シェリルさん、ハロなんかの声が、ゲームというかたちでも永久に保存されたことは、ファンにとっても声優にとっても、とても幸運なことだったと思います。
故人のご冥福をお祈りいたします。

今日の絵、ジュニアスのロゴを入れちゃいましたけど、厳密にはジュニアス絵ってわけでもないんですよね。
(セントニコラスのロゴを入れるわけにもいかなかったんで。)
なんだか訳分かんなくて、ほんとごめんなさい。
…なんかパクさん、榊さんみたくなっちゃった。