そんなわけで、ぼちぼちと

いろんな原稿を発掘しております。
改めて、セリフ関係は推敲しなおしているので、案外と時間がかかっちゃう作業なんですよねー。
あと、古い原稿にハッタリを効かすって意味で、コミック用フォントが結構いい活躍してくれてます。
だけど、なんだか漫画をファイル化するのに時間がかかって、絵日記用の絵を描くヒマがないっていう…。
まだ、こういう生活に慣れてないからでしょうね。いずれ、コツをつかんでいくと思います。
(つっても、完成漫画のストックはもうあんまり残ってないんですけど。)

アニメNARUTO開始。
いやー、これはいいかんじ。期待以上の出来でした。絵も丁寧に作画されてましたし、動き、デザイン共にアニメ栄えしてました。
キャストも、ベテラン勢のかなりいい演技で全体的にレベルが底上げされてたかんじで。若手陣も思ったより違和感ありませんでしたしね。(サクラの、「しゃーんなろー」がちょっと弱めでしたけど。)中でも、イルカ先生の関俊彦は、理想的なハマり方でしたよね。
音楽の、どんどこどんどこそいやっ!が若干耳障りでしたけど、演出、脚本ともに、総じて原作の読み込み度の深い、好感の持てる作品に仕上がっていたと思います。(このへん、マンキンとはかなり対照的…。)
監督は、ウテナ根室記念館」「七実の卵」の演出家だそうで、実力は疑う必要もないでしょうしね。
これは、再不斬編がめっちゃ楽しみ…。白は緒方恵美を希望!(理想は高く、ね。)

えっと…ドラえもん。かなり久々に視聴いたしました。
キャストについては、まだ何にも分かりませんけど、それ以外のリニューアルは粛々と実行されちゃいましたね。
そん中でも、EDはまだマシだったかなー。フィルムはひどいもんでしたけど。OPは絵、フィルム共に絶句ものでしたねー。
ロック調って聞いてたのに、けったいなテクノ音頭みたいな曲調だったし。
ていうか、どちらも歌よりフィルムの方がひどいっていうのは、ちょっと予想外の展開でしたよ。なんだ?ありゃ。
…でも、そんなのも些細な問題って気がしちゃうほど、本編レベルのダメダメさにあきれかえっちゃいました。
そうかー、今こんなことになってるんだー。ドラえもん…。もはや、テイストとしては全くの別物ってかんじですね。
とはいっても、正直アニメのドラえもん(っていうか藤子アニメ全般)って、子供の頃からあまり好きじゃなかったもんで、(なんか、原作からのレベルダウンばかりが気になっちゃって…。)このリニューアルに怒りが沸いたりとか、そういう感情はないんですけどね。
(こんなこと言ったら怒られちゃうんでしょうけど、ドラのび以外のメインキャストの演技も、かなり昔から好きじゃなかったです。)

明日はレヴォ
知り合いがみんな集まるようなので、漠然と嬉しいな。